✿当院では断乳・卒乳後のマッサージを行っています

断乳や卒乳の後はマッサージを受けた方がいいのでしょうか?

もしそのままにしておいたら、おっぱいはどうなるのでしょうか? 

 

授乳が終わった途端におっぱいが急に小さくなり、自分で搾っても出ないからこのままでいいのでは?とケアを受けずに終わる方もいます。

 

実は、おっぱいが小さくなったからと言って、乳汁が全くなくなったわけではありません。量の多少はあるものの、乳腺の中には母乳が残っています。

 

この残った母乳を自分で全部搾りきるのはとても難しく、また残ったままにしておくと、おっぱいの中で固まってしこりとなる場合があります。そして、乳腺自体が小さくなってきた時に、痛みや違和感などを伴うことがあります。

 

また、次の出産の時に乳腺が硬くなってつまりやすくなったり、おっぱいの出が悪くなる場合もあります。上の子の時より、今回の方が出が悪いような気がする、、ということはありませんか?

 

断乳や卒乳が突然だった場合、おっぱいがパンパンになる方もいます。乳腺炎になってしまっては大変です。

 

ですので、断乳や卒乳後は必ず専門の母乳外来でマッサージをお受け下さい。

 

当院では、第1回目のマッサージを断乳や卒乳の日から数えて1週間~10日の間に行っています(おっぱいの張りが強い人はその前にご来院頂いています)。断乳/卒乳のマッサージは、基本的に2回で終了となります。

 

今後断乳をお考え中の方、卒乳をした方などぜひ一度ご相談下さい。 

 

*ただし、妊娠の可能性のある方、妊娠が判明している方の施術は見合わせています。

 

✿料金

初診料                       2,000円

施術料(マッサージ約1時間)                   6,000円

断乳の相談(個別・乳房マッサージなし)             3,500円

葉っぱ助産院(予約制 9:00~17:00)

〒802-0064

北九州市小倉北区片野 1 丁目 1-48 リビオン片野 506 号室

TEL&FAX ( 093 ) 921-5320(日曜日定休/土・祝祭日診療)