救われました

SYさん 1人目、平成28年4月出産、生後10日目に授乳がうまくいかず初来院

初めての出産で、右も左もわからないまま退院し、不安の中さらに追い打ちをかけるようにおっぱいがパンパンでたまらなくなり、受診しました。

 

マッサージを受けるまでは、「私のおっぱいがおかしいのか?」「このままだと赤ちゃんがおっぱいを飲めなくて元気に育たないんじゃないか?」等々とにかく不安な気持ちで満タン状態だったのに、驚くほど痛くもかゆくもない気持ちがいいくらいのマッサージを受けると全部ふっとびました。

 

産科であんなに痛い思いをしたのに、マッサージが本当に全く痛くない事は衝撃的でした!!また、自分のおっぱいの今の状態や母乳の出る仕組みなどをわかりやすく説明して頂いた事で、「自分が悪いわけではない」と、とても安心することができました。何より不安な気持ちや痛みで辛かった気持ちを分かってくれる人がいた!!と救われるようでした。

 

その後何度かマッサージを受けたおかげで、特に目立ったトラブルもなく、順調に授乳できるようになりました。次は卒乳でまたお世話になるかなと思っていた矢先、子どもの方から特におっぱいを必要とされなくなり、あっけなく1歳前に卒乳していきました。

 

最初はあんなに苦労していたのに、あんなにあっさりバイバイされるという寂しいような気持ちにもなりましたが、最後もそんなに苦労しなくて良かったかなと今は思っています。

 

最後のマッサージもして頂き、もう当分おっぱいでお世話になる事はないだろうと思いますが、葉子先生にはこれからも私のように不安でいっぱいのママを1人でも多く助けてあげて欲しいと思います。そして、1人でも多くのママに、たった1回のマッサージと数々の優しい言葉にこんなにも救われる事を知ってもらえたらなと思います。

 

私も2人目を産む勇気が出たら(笑)、また必ずお世話になりたいと思います。初めて受診した時の事、きっと一生忘れないと思います。

 

長かったようであっという間でしたが、本当にありがとうございました!!

体の毒が抜けた感じでした

SYさん 1人目、平成26年12月出産、生後8日目に乳房のしこりにて初来院

33才のときに初めての妊娠、出産を経験しました。出産後、自宅に戻ってきた頃右脇の下にボコボコとしたしこりを発見しました。
出産をして間もない頃なので体調が悪く、その上なれない子育てをしていたのであまりしこりのことは気にしている暇がありませんでした。しかし、日に日にしこりの数が増え、おっぱいがガチガチになっていくので心配になりました。
急いでインターネットで病院を探す事にしました。いろいろと病院がヒットするのですが、そのとき年末だったためどこの病院もお休みでした。しかし葉っぱ助産院がたまたま診療している様子だったのでいそいで連絡しその日のうちに診察していただきました。
とても暖かみのある明るいお部屋で、優しい先生がやさしい笑顔でお出迎えしてくれました。そのときの安堵感は今でも忘れられません。
しこりをみていただき、さっそくおっぱいマッサージをしていただきました。出産すぐの体と心はとても不安定だったのですがマッサージをしていただきながら、子育ての悩みなどいろいろと話していたら心身共にとてもリフレッシュしました。又,施術前はおっぱいがガチガチだったのが、驚くほどトロントロンに柔らかくなり、本当にびっくりしました。帰る頃には体が軽く体にたまった毒が抜けていった感覚がありました。
その後何度か通っていくうちにしこりは小さく、いつの間にか消えていました。又、おっぱいの出が大変よくなり、子供にたくさん飲ませる事ができて本当によかったです。
出産前は、出産後にこんなにおっぱいのことで悩むなんて夢にも思っていませんでした。又、私の場合、お世話になった産院などでおっぱいの指導などありましたが、表面的な説明や施術、対処だったので根本的な解消には至りませんでした。そんなときに先生に出会えてほんとうによかったです。
その後、産後の整体、断乳の相談で大変お世話になりました。子供連れでも託児の方がいるので本当に安心でした。先生をはじめ、その他スタッフの方々に大変感謝しております。

痛みを我慢することなく授乳ができるようになりました

TMさん 1人目、平成27年3月出産、生後5ヶ月目に乳首に水ぶくれ(白斑)ができ初来院

初めての母乳育児に苦労しながらも楽しく過ごしていたある日、授乳する度に強い痛み。どうにも我慢できずにインターネットで専門施設を探したところ、葉っぱさんにたどり着きました。

 

初来院して詳しくお話を聞いていただき、いざ施術してもらうと、何とも言えない心地いい手のぬくもりと先生の優しい声掛けに、痛みを我慢してまで頑張る必要はなかったんだと気持ちが楽になりました。

 

自宅でも簡単にできるマッサージも教えていただき、痛みはすぐに改善。それからは頑張りすぎず、楽しく授乳することができました。

 

「授乳の仕方について怒られるんじゃないか・・・」とか「冷たい先生だったらどうしよう・・・」って悩んだりする必要が全くなく、手のぬくもりと同じ・・・いや、それ以上に温かい先生なので、今悩んだり苦しんだりしている人は、ぜひ、まずは相談だけでもしてほしいと思える程です!!

完全母乳になりました!

YEさん 1人目、平成28年1月出産、生後10日目に直接授乳ができず初来院

出産後、赤ちゃんはお母さんに寄り添いおっぱいを飲んでいる。

 

そんな姿を想像していました。

ところが、、、

 

それは私の妄想の中の姿でした。

実際は、全く母乳がでない、赤ちゃんもおっぱいを飲むどころか乳首をくわえることもできず!

飲ませようにもギャン泣き。

 

こんななの!と愕然としました。

周りでは不馴れながらも一生懸命飲ませてあげている初産ママ。なれた手つきで授乳している経産婦ママに囲まれ、私は何でこんなだろうととても不安な気持ちになりました。

 

助産師さんの指導など、保護きなどもすすめられやってみるも結局授乳マスターできず退院となってしまいました。

 

なので自宅に帰っても授乳できるはずもなく、苦戦の日々でした。

授乳になるたび飲ませる練習をするも全く拒否、だんだんと授乳の時間が辛く感じられるようになってきました。

 

しかし、完全母乳への気持ちはかわらず先生に相談する事にしました。

 

相談後すぐに対応していただき、施術していただきました。

なぜくわえる事ができないのか?

保護きを使うのはやめようなど。

 

要因(原因?)を1つずつ丁寧に説明していただき、改善策を教えていただきました。

私の場合は乳首が硬く飲みづらいんだろうと柔らかくするマッサージをしていただき

自分でもできるマッサージや搾乳方法を丁寧に教えていただきました。

 

そしてマッサージと合わせて授乳方法なども教えていただきあんなに拒否だったのにやっと飲んでくれる事ができました。

 

これこそ想像していた姿だなと、あんなに辛かった授乳がこんなに楽しく幸せなんだと号泣でした。

 

そして2ヶ月頃には憧れていた完全母乳になることができました。

 

じっと顔を見ながら飲んでくれている姿や、眠りながら飲む姿全てがいとおしくてたまりません。

 

9ヶ月になった今でも時々メンテナンスしていただき、トラブルなく母乳育児を満喫することができています。

 

先生に相談して良かった、諦めずに頑張って良かった。

簡単なことではないんだなとしみじみ感じています。

 

いつまで飲んでくれるか娘の気分次第ですが、卒乳の時がくるまで今の時間を大切にしていきたいなと思っています。

生後100日、やっと母乳育児が軌道に乗りました!

ASさん 1人目、平成28年6月出産、生後1ヶ月に乳房の痛みにて初来院

私が葉っぱ助産院を訪れたのは、左乳房にしこりができてしまったのと、おっぱいが張りすぎて痛い、吸われると痛いなどの悩みを抱えていて、入院中からとにかく吸われるたびに激痛、おっぱいが張るだけでも痛くて、、という状態が変わらず続いていた、産後6週間が過ぎたころでした。

 

初めてお電話した日は祝日で、しかも時間外だったのに、受け付けてもらえてほっとしました。乳腺炎かどうか微妙な状態でしたが、マッサージをして頂き、また自己マッサージも丁寧に教えて頂いて、すっきり笑顔で帰ることができました。

 

ところが、私のおっぱいは一筋縄ではいかず、その後毎週のようにトラブルを抱え、先生には本当にお世話になりっぱなしでした。

 

母乳育児が初めての私にとっては、ネットの情報や先生の言っていることの意味を本当に理解するのに時間がかかり、失敗しては質問を繰り返してようやく自分のおっぱいの状態と赤ちゃんの状態を把握できるようになりました。母乳育児をスムーズにいかせるためには、十人十色のやり方があるんだろうなと思いました。だから、尚更1人で悩んでストレスになったりしないように、プロの助産師さんにサポートして頂くのが一番だと思いました。

 

私は、おっぱいに特化して診療している助産院で診てもらって本当に良かったと思いました。また、同時に産後整体も受けて、教えてもらったエクササイズを少ししただけでお尻が5㎝も小さくなりました。とってもおススメです。

 

今回私が学んだことは、『授乳は本当は痛くない』『おっぱいマッサージも痛くない』『ネットの情報より、実際にプロに見せて相談した方が絶対良い』ということです。核家族化が進んで、相談できる人が身近にいない現代では、母乳専門外来はとても必要な有難い存在です。

 

これからもまだまだ定期的にお世話になるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。本当に有難うございました!

5人目にして初めての母乳育児ができました!

ENさん 5人目、平成27年11月出産、生後13日目に直接授乳ができず初来院

早いもので、最初に先生のところに駆け込んでからあっという間に8ヶ月が過ぎました。

お陰様で子どもは病気もせず、風邪さえもまだ引いていません。

こんなこと、5人目にして初めてです。

母乳の力のすさまじさが身に染みてわかりました。

 

今でも本当に鮮明に覚えています。

5人目にして初めて子どもが数カ月間も母乳をゴクゴクと飲んでくれる姿。

その姿が見られたのも、先生のおかげです。

 

何人産んでも、結局母乳は出ないから、、と諦めていたのが、本当にもったいなかった!

そして、今回、諦めなくて良かった。

先生に出会えて、良かった。

上4人の時も出会ってたらなあ。。。そしたら、全員母乳をあげられたのになあ。。。。

 

でも、最後の子だからこそ、出会えたのかもしれないですね。

 

その節は、本当にお世話になりました。

本当に本当に感謝です。

断乳後マッサージを受けました

IMさん 4人目、平成26年2月出産、生後1歳時に断乳後マッサージにて来院

上の3人の子どもは自己流でやめていたのですが、断乳後はおっぱいがカチコチになって痛く、おっぱいにしこりの様なものが残ったり、重たい感じが残っていたので、4人目はプロにお任せしようと思いました。

 

そこで、話を聞いたところ、断乳マッサージは基本2回で終了するとの事でビックリ!周りの友達は赤ちゃんを産んだ産院に何度も通っていたから、、、そのことを葉子先生に尋ねると、「おっぱいを出すマッサージと止めるマッサージは違う」とのこと。その技術をもっていない人がマッサージをして刺激しすぎてしまうと逆に止まらないのだとか。なるほど、と思いました。

 

実際にマッサージを受ける時には、カチコチのおっぱいに触られるのは痛い、という先入観から息を止めていましたが、「あれ?痛くない」。これまた驚きでした。スーッと何かが抜けていく感じで、マッサージ後はおっぱいも気持ちも軽くなっていました。

 

葉子先生は、お手玉のようなものを掌に乗せてよく自己訓練されています。おっぱいを神秘的で素晴らしいものだと考えて下さっているからこそ、ママにも、おっぱいにも、子どもにも優しいのだと感じました。世の中に痛くないおっぱいマッサージがあることを、もっと沢山の人に知ってほしいです。